• 日商簿記3級
  • 講義を立ち読み!
  • 申込み案内
  • 簿記なんでも百科
  • リンク集
  • お問合せ

ロッキー先生の日商簿記3級講座は、2月検定向けの最新の簿記検定講座です。

日商簿記検定2級 基本的な解説

 「 日商簿記検定2級 基本的な解説 」

ロッキー先生!日商簿記検定2級についても詳しく知りたいんですが、基本的な概要を解説して頂いていいですか?

オッケーだ!一応、主催団体の説明では、「高校程度の商業簿記および工業簿記(初歩的な原価計算を含む)を修得することを目標にしている試験」という書き方をしているが、実際は、大学生がチャレンジした場合でも、そこそこ勉強しないと合格できない資格だぞ!

そうか。ではボクたちも挑戦するなら、気を引き締めてかからないといけないですね。

具体的に日商簿記検定3級との決定的な違いは、工業簿記の存在だな。工業簿記は、工場のように、モノを生産して、販売している企業が運用している会計処理のことだ。商業簿記のように、仕入れてきて、販売という考え方とは異なるので、新たな学習が必要だ。

なるほど・・ 日商簿記検定2級では、工業簿記を新たに勉強しないといけないわけですね・・・
でも、世の中には、モノを生産している企業が、数多くありますし、将来的に自分が備えるスキルとしては、商業簿記だけでは不十分でしょうね。自分が業種によっては、3級だけの知識だと全く使えない・・・ってこともある訳ですから。




そうだな。自分の会計スキルを磨くなら、日商簿記検定2級を取得することは、大きな飛躍になるだろう。あと、よく3級は比較的小規模な商店で必要とされる会計技術で、2級になると、もう少し大きな企業規模(株式会社等)で必要とされる会計技術だと言われる。3級だけの知識だと、モノ作りをしていなくても、会社の規模が少し大きくなったら対応できないというワケだ。

なるほどー。やっぱり3級レベルだと技術の範囲が制限される感じですね。日商簿記をするなら2級レベルは目指したほうがいいですね。

そうだな。2級では商業簿記においても3級の知識を一歩深めた勉強をするから、自分が対応できる企業の幅が大幅い増えることは間違いない。せっかく、日商簿記3級検定を取得しているのなら、少し頑張って2級まで取得することを進めるな。オレは。

じゃあ、次は、日商簿記検定2級の試験自体について、詳しく教えてください!

<関連記事>

日商簿記検定2級
(日商2)基本的な解説
(日商2)日程と科目
(日商2)合格率と学習時間
(日商2)試験傾向と対策
簿記なんでも百科目次

ロッキー先生の講義を立ち読みする!

講座の申込み案内をチェックする!

ロッキー先生の日商簿記3級をお気に入りに追加する!

スポンサードリンク

リンク集

只今、相互リンク募集中です!
ご希望の方はotoiawase@rocky-b3.net
まで御連絡ください。

京野レイコ先生の日商簿記3級講座