• 日商簿記3級
  • 講義を立ち読み!
  • 申込み案内
  • 簿記なんでも百科
  • リンク集
  • お問合せ

ロッキー先生の日商簿記3級講座は、2月検定向けの最新の簿記検定講座です。

日商簿記検定2級 出題傾向と対策

 「 日商簿記検定2級 出題傾向と対策 」

じゃあ、先生!最後に日商簿記検定2級の出題傾向と対策について、教えていただいてよろしいですか?

よし! まず、日商簿記検定2級は商業簿記と工業簿記から出題されることは、さっき説明したよな。 5問が出題されるんだが、商業簿記が3題、工業簿記が2題ってバランスだ。時間は、言うほど短く感じないだろう。丁度いいくらいだ。さっきも話したが、全体の7割で合格。

具体的な傾向と対策はどうなんでしょう?

そうだな、もう少し細かくみてみよう。まず1問目!これは3級と同じ仕訳の問題だ。5つ出題されて、配点は各4点。ここは、高得点を狙えるところだ。過去問題を練習で、高得点が取れるまで、仕訳の論点を反復しておく必要があるぞ。
次に2問目。伝票や複数仕訳帳簿制度に関する出題で、ここも20点ある。取引から総勘定元帳への転記までの流れをシッカリマスターしていれば、対応できる。
次に3問目。ここでは決算や本支店会計が出題される。3級の時と似ているが、精算表や財務諸表の作成について問われる。

なるほど・・・ まだ勉強してないから、「ふーん・・・」 って感じですが・・・
とにかく、前半の3問は、商業簿記なんですね。パターン的には、3級の時と似てるような気がしますね。出題されるポイントが・・・

次に、4問目と5問目。ここは、さっき話した工業簿記に関しての出題だ。ここは、結構、いろんな切り口で出題されてくる。製造間接費の配賦や、製品原価の計算など、工業簿記全体の流れを理解していることが重要だ。また、工業簿記の各論点を横断的に理解して、問題に対する応用力を養っていることが重要だ。配点は40点だが、苦手にしてしまうと大変だから、高得点をとるんだ!って気持ちで学習するようにしろよ。

はい!よく理解できました!ありがとうございます!

<関連記事>

日商簿記検定2級
(日商2)基本的な解説
(日商2)日程と科目
(日商2)合格率と学習時間
(日商2)試験傾向と対策
簿記なんでも百科目次

ロッキー先生の講義を立ち読みする!

講座の申込み案内をチェックする!

ロッキー先生の日商簿記3級をお気に入りに追加する!

スポンサードリンク

リンク集

只今、相互リンク募集中です!
ご希望の方はotoiawase@rocky-b3.net
まで御連絡ください。

京野レイコ先生の日商簿記3級講座