• 日商簿記3級
  • 講義を立ち読み!
  • 申込み案内
  • 簿記なんでも百科
  • リンク集
  • お問合せ

ロッキー先生の日商簿記3級講座は、2月検定向けの最新の簿記検定講座です。

簿記検定と履歴書

 
    「 簿記検定と履歴書 」


ロッキー先生、じゃあ、就職の時の話からすると、簿記検定取得を履歴書に書く際の注意などありますか?これくらいのレベルの資格は書かない方がいいとか・・

 

ん・・・書かないでいい?なんでだ?
当然書けばいい。書いてマイナスになるような資格はないだろう。難易度が低い資格であってもだ。さっきの話とつながるが、資格のアピールの仕方だけ注意してたらいいんだ。企業担当者は、資格取得者に対して、その技術に大きすぎる期待はしていない。「基本的な知識があるのに越したことはない・・・」くらいは思っているがな。

さっきの「簿記検定と就職」のところの話と結局、同じ考え方をすればいいんですね・・・

そのとおりだ。逆に言うと、書いていることがマイナスになるなんてコトも基本的にはない。さっきも言ったが、自信満々にアピールすることだけは止めておけよ。「資格のアピールは謙虚に、ただ、資格を取ろうと思った目的や、自己啓発意欲の高さについては強くアピール」する。それがベストだ。

はい!だんだんわかってきました!

うむ。 だから、自己PRなどでは、「自己啓発意欲が高い」、「目標を持って、達成することにヤリガイを感じる」などなどを書いておくのがいいよな。資格取得しようと思って取得したコトは立派なことだ。誰でもやれるコトじゃないからな。その姿勢をアピールするんだ。基本的に面接でアピールする内容には「テクニカルスキル」「ヒューマンスキル」というのに大別される。

 

「テクニカルスキル」と「ヒューマンスキル」・・・?

そうだ、「テクニカルスキル」というのは、資格や技術などのこと、「ヒューマンスキル」ってのは人間性のことだ。協調性や積極性、自己啓発意欲の高さ・・・などのコトを言う。そして、一般にこの2つのスキルの評価の比重は、「テクニカルスキル:ヒューマンスキル」で「2:8」くらいだと言われている。

 

え?「2:8」ですか?圧倒的にヒューマンスキルじゃないですか・・・

うむ。勿論、特殊な技術がともなう職業は別だぞ。一般的な企業の就職試験の場合の話だ。だから、資格取得していることも、このヒューマンスキルをアピールする際に活用するほうが得策だってことだ。勿論、資格取得ってのは、その学習に際して、自分の能力は大きく向上させることは確かだ。ただし、ヒューマンスキルが高いやつの方が、様々なシーンで活用しやすいことを人事担当者はよくよく知っている。ま。大抵場合、重なるんだがな・・・

え?重なるって?

それだけヒューマンスキルが高いヤツほど、資格を取得していたりして、そうでないヤツほど、なんにも持ってないことが多い。結局、本当の意味で、自己啓発意欲が高いやつは、資格にチャレンジしたりしてる・・・ってことだ。話が少し脱線したが、とにかく履歴書には、どんな資格であれ書く!そしてヒューマンスキルをPRするのに活用する!これを頭に入れておけ!

 

 

<関連記事>

簿記なんでも百科目次

ロッキー先生の講義を立ち読みする!

講座の申込み案内をチェックする!

ロッキー先生の日商簿記3級をお気に入りに追加する!

スポンサードリンク

リンク集

只今、相互リンク募集中です!
ご希望の方はotoiawase@rocky-b3.net
まで御連絡ください。

京野レイコ先生の日商簿記3級講座