• 日商簿記3級
  • 講義を立ち読み!
  • 申込み案内
  • 簿記なんでも百科
  • リンク集
  • お問合せ

ロッキー先生の日商簿記3級講座は、2月検定向けの最新の簿記検定講座です。

簿記検定と公認会計士

 
    「 簿記検定と公認会計士 」

ロッキー先生!今度は、簿記検定の関連資格として公認会計士もありますよね!税理士の時と同じように、ステップアップ系の 資格になるんだと思いますが、簿記検定と公認会計士との関係を教えて頂いていいでしょうか?

うむ。もちろんだ!じゃあ、簿記検定と公認会計士との関係を話す前に、公認会計士という資格がどのような資格なのかを説明することとしよう。 まず、公認会計士はよく医師、弁護士とともに三大国家資格と言われる最難関の資格だ。収入、ステータスのレベルも抜群ということになる。

すごい資格ですね・・・

そうだ。公認会計士を、平たく言うと「会計の専門家」だと考えればいい。具体的な業務としては監査、財務、経理、税務など仕事の幅は非常に広い。 最近では、企業に対して、会計に関する助言だけでなく経営戦略の提案などのコンサルティング業務が重要度を増している。 公認会計士が出来る事として、1つ大きなことが、企業の財務諸表に関する「適正性の証明」する監査業務だ。これは公認会計士だけができる独占的業務なんだ

へースゴイ。企業の財務諸表を監査するだなんて・・・

いや。もっとスゴイことがあるぞ!公認会計士は、無試験で税理士、行政書士登録を受けることができ、各団体に登録しておけば、 それぞれの名をもって各業務を行える。あと社会保険労務士業務、司法書士業務の一部もやることができるからな。

え!公認会計士資格だけで、複数の資格を取ったのと同じことになるってことか・・・ さすが最高峰の資格だけあるな・・・

次に簿記検定との関係性だが、まあ、「簿記ができなければ話にならない・・・」ってトコロだろうな。そのために「簿記を極める!」くらいの 気合いがないといけない!そのために日商簿記検定1級や、全経簿記検定上級くらいを狙ってもいいだろうな。 公認会計士試験は、法律系の科目が存在するが、それでも簿記を極めていれば、非常に大きな武器になる!簿記の知識を極めてから、 公認会計士にチャレンジすることは、学習をスムーズに進める上で大きなプラスなことは間違いない。

日商簿記検定1級や、全経簿記検定上級からステップアップするわけか・・・

まあ。最高峰の資格なんだから、それくらいの志は持て!短答式試験の受験科目である 「財務諸表論」「管理会計論」や、論文式試験の必須科目である「会計学」は、全て日商簿記検定1級(もしくは全経簿記検定上級) の知識を必要とするので、簿記検定との関連性は非常に高い。 資格の専門スクールによっては、初学者向けの2年間のカリキュラムで 「1年目は計算科目に特化するためにまずは簿記検定1級を目標に学習します」という設定をしているところまであるからな。

う~む。最高峰となると、やっぱりそれなりの努力は必要なわけですね。ちょっと、高いレベルの話で腰がひけちゃったトコロがあるけど、まずは簿記検定を取得して、実力が付いてきたら 本気で考えてみたい資格ですね!

<関連記事>

簿記なんでも百科目次

ロッキー先生の講義を立ち読みする!

講座の申込み案内をチェックする!

ロッキー先生の日商簿記3級をお気に入りに追加する!

スポンサードリンク

リンク集

只今、相互リンク募集中です!
ご希望の方はotoiawase@rocky-b3.net
まで御連絡ください。

京野レイコ先生の日商簿記3級講座