• 日商簿記3級
  • 講義を立ち読み!
  • 申込み案内
  • 簿記なんでも百科
  • リンク集
  • お問合せ

ロッキー先生の日商簿記3級講座は、2月検定向けの最新の簿記検定講座です。

全経簿記検定上級 日程と科目

 「 全経簿記検定上級 日程と科目 」

ロッキーのオッサン!
次は、全経簿記検定上級の日程とか、科目について教えてもらえるか?

うむ。じゃあ、日程からいくか!今までとは異なるから気をつけろ。試験日程は、 毎年7月、2月の年2回実施だ。1級までは年3回の実施だが、上級に関しては11月に実施される分がない。試験時間は、商業簿記・会計学で1時間30分。工業簿記・原価計算で、これまた1時間30分の計3時間だ。

なるほど。
試験時間は、4科目あっても、1級と同じ3時間か・・・。受験資格や受験料なんかはどうなんや?

受験資格は、今までと同様、特にないから誰でも受けられる。あと、上級の受験者約7,000人程度。受験料は少し高くなって、7,000円だ。。試験会場は、協会が指定した全国各地の専門学校で実施される。 ※ 試験会場の詳細はコチラ⇒ 試験会場(専門学校)一覧 毎度ながら、願書の受付期間等、細かいデータは、主催団体のHPでちゃんと確認しておくようにな。(⇒全国経理教育協会HP

なるほど。
ちゃんとHPで確認しとかなアカンな。

そうだな。後、試験科目については、さっき少し触れたが、商業簿記・会計学・工業簿記・原価計算の4科目。商業簿記、工業簿記に加えて、新しく、会計学と原価計算をやらなくちゃならん。

会計学・・・ これってどんな科目なんや?

まず、会計学だが、簡単に言うと、簿記を行う上で必要なルールを勉強する学問だ。継続的に会社の計算をするための原則、約束事、法律などが学問の本質だが、その内容は多岐にわたる。

じゃあ、原価計算は?  どんな科目なんや?


原価計算ってのは、簡単に言うと、製品やサービスの原価を計算する手法のコトだ。 製造業の場合だと、自分ところで作った製品を「いくらで生産できたか」を計算する必要があるだろ?それを適切に導き出す手法を習得するってコトだな。

ふーん。なんかスペシャリストっぽい科目やな・・・

<関連記事>

全経簿記検定上級
(経上)基本的な解説
(経上)日程と科目
(経上)合格率と学習時間
(経上)試験傾向と対策
簿記なんでも百科目次

ロッキー先生の講義を立ち読みする!

講座の申込み案内をチェックする!

ロッキー先生の日商簿記3級をお気に入りに追加する!

スポンサードリンク

リンク集

只今、相互リンク募集中です!
ご希望の方はotoiawase@rocky-b3.net
まで御連絡ください。

京野レイコ先生の日商簿記3級講座