• 日商簿記3級
  • 講義を立ち読み!
  • 申込み案内
  • 簿記なんでも百科
  • リンク集
  • お問合せ

ロッキー先生の日商簿記3級講座は、2月検定向けの最新の簿記検定講座です。

全経簿記検定1級 出題傾向と対策

 「 全経簿記検定1級 出題傾向と対策 」

じゃあ、いよいよ、全経簿記検定1級についての出題傾向と対策!オッサン!解説たのむで!

うむ・・・じゃあ、科目ごとに、その出題傾向を見ていこう!
まず、「会計」! この科目の出題は5問で構成されている。出題範囲は基本的には日商簿記2級とほぼ同じだ。だが、日商簿記1級レベルの範疇のものも出題されるのが特徴だ。例えば「連結会計」の基礎問題(連結調整勘定の算定や少数株主損益の算定など)なんかも出題されたりする。

なるほど・・・ようは、日商簿記検定2級の論点を完全にマスターしておいて、ところどころは、日商簿記検定1級の知識で補うってことか。

ま。そういうことになるな。でも、次の「工業簿記」については対策が立てやすい!日商簿記2級の工業簿記のレベルで対応できる。じゃあ、少し内容を見てみよう。この科目の出題は4問で構成されている。問4で「原価計算表作成問題」が出題されるが、40点近い配点があるので注意が必要だ。

もっと具体的な出題情報はあるんか?

具体的には部門別個別原価計算、工程別総合原価計算、等級別総合原価計算、組別総合原価計算などの原価計算表の作成問題などが出題されている。仕訳が10問~15問あり、その仕訳をこなしつつ原価計算表を作成していくといった日商ではあまりないパターンの出題がされる。でも、この辺りは工業簿記の基本的な論点だから、きっちり日商簿記2級の工業簿記基本書をマスターしていれば突破は可能だろう。このように、「工業簿記」に関しては、対応がしやすいってワケだ。

なるほど、そういうことか・・・

<関連記事>

全経簿記検定級1級
(経1)基本的な解説
(経1)日程と科目
(経1)合格率と学習時間
(経1)試験傾向と対策
簿記なんでも百科目次

ロッキー先生の講義を立ち読みする!

講座の申込み案内をチェックする!

ロッキー先生の日商簿記3級をお気に入りに追加する!

スポンサードリンク

リンク集

只今、相互リンク募集中です!
ご希望の方はotoiawase@rocky-b3.net
まで御連絡ください。

京野レイコ先生の日商簿記3級講座