• 日商簿記3級
  • 講義を立ち読み!
  • 申込み案内
  • 簿記なんでも百科
  • リンク集
  • お問合せ

ロッキー先生の日商簿記3級講座は、2月検定向けの最新の簿記検定講座です。

全商簿記検定1級 試験傾向と対策

 「 全商簿記検定1級 試験傾向と対策 」

よ~し!全商簿記では一番難関の簿記1級突破に向けて、出題傾向とそれを踏まえた対策について教えて頂けますか?

うむ!では、全商簿記検定1級の出題傾向について説明しよう。
まず大枠の話だが、 基本的に全商は、1級と言えども出題がパターン化しており、目新しい要素は殆どない。 出題も素直で、暗記すれば80%は取れるレベル。
会計も原価計算も基本的にパターン問題と考えていいだろう。

ということは、やっぱり過去の問題をたくさん解いて、傾向をつかむことが大事ですね。

うむ。その通りだ。まずは教科書を読む→理解する→そこに対応した問題を解くって感じだな。一通り教科書をこなしたら過去問・演習問題で本番形式の問題を解く。わからない部分は教科書でもう1度復習、類似問題も見ながらいかにパターンを把握するかがカギだ。下に、出題傾向をまとめておいたから、参考にしてくれ。

 

試験傾向と対策
(会計)
第1問 仕訳(7問)
第2問 個別計算(個別論点ついての計算問題及び財務分析)
第3問 文章(適語選択)
第4問 決算(元帳勘定残高、付記事項及び決算整理事項から、報告式の損益計算書または貸借対照表の作成

(工業簿記)
第1問 仕訳(6問)
第2問 用語選択・個別計算(個別計算問題は、製造原価報告書、勘定記入等)
第3問 作表(個別原価計算または総合原価計算に関する勘定記入及び原価計算表作成等)
第4問 総合問題(個別原価計算または総合原価計算)

<関連記事>

全商簿記検定1級
(商1)基本的な解説
(商1)日程と科目
(商1)合格率と学習時間
(商1)試験傾向と対策
簿記なんでも百科目次

ロッキー先生の講義を立ち読みする!

講座の申込み案内をチェックする!

ロッキー先生の日商簿記3級をお気に入りに追加する!

スポンサードリンク

リンク集

只今、相互リンク募集中です!
ご希望の方はotoiawase@rocky-b3.net
まで御連絡ください。

京野レイコ先生の日商簿記3級講座